• 循環器

ミニプレス

(一般名 プラゾシン塩酸塩)

  • 錠0.5mg
  • 錠1mg
薬効 高血圧・排尿障害治療剤
一般名 プラゾシン塩酸塩
規制区分 処方せん医薬品
  • ※注意-医師等の処方せんにより使用すること
性状 錠0.5mg:白色:割線入り:素錠
錠1mg:淡橙色:割線入り:素錠
貯法 室温保存
使用期限 4年
  • ※掲載されている資料はファイザーの著作物です。ダウンロードの際には会員規約に基づき適正にご利用下さい。

開発の経緯

ミニプレスはプラゾシンを主成分とする高血圧・排尿障害治療剤である。
プラゾシンは1965年米国ファイザー社において開発された、交感神経α1受容体を選択的に遮断することにより降圧作用を示す初めての薬剤である。
本剤は高血圧症に対して国内では1971年より基礎実験、1973年より臨床試験が開始され、頻脈を来たさず、長期連用しても耐性の発現がないこと、血漿レニン活性を上昇させないなどの特徴を有する降圧剤として有効性および安全性が認められ、1981年にミニプレスとして発売された。
一方、プラゾシンが尿道平滑筋、前立腺および前立腺被膜にとくに豊富に存在するα1受容体を遮断することにより、尿道を弛緩させ尿道抵抗を減少させることが明らかになり、1982年より臨床試験が開始され、1989年効能・効果に“前立腺肥大症に伴う排尿障害”が追加となった。市販後、本態性高血圧症、腎性高血圧症については6,532例の、前立腺肥大症に伴う排尿障害については1,024例の使用成績調査を実施し再審査申請を行った結果、各々1989年1月、1994年9月に薬事法第14条第2項各号(承認拒否事由)のいずれにも該当しないとの再審査結果を得た。

製品特性

  1. 本態性高血圧症、腎性高血圧症

    1.単独投与で良好な血圧コントロールが得られ、他の降圧薬との併用投与もできる1)。
    2.糖尿病、高尿酸血症、気管支喘息などの合併症を持つ高血圧患者に投与できる2-4)。
    3.コレステロールの代謝に悪い影響を与えない5,6)。
    4.安静時でも運動時でも正常な血行動態を保つ7-9)。
    5.高血圧症に対する開発時、及び承認後6年間の調査(再審査終了時)において、9.21%(672/7,293例)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。
    重大な副作用として失神・意識喪失(0.11%)、狭心症(頻度不明)の報告がある10)。また、その他の副作用につきましては、こちらをご覧ください。
    前立腺肥大症に伴う排尿障害

    1.α1受容体を遮断し、尿道抵抗を減少させる11,12)。
    2.排尿困難、夜間頻尿、残尿感などの自覚症状を改善する。とくに、夜間頻尿は投与1週目で有意の改善を示す13,14)。
    3.ウロダイナミクス(尿流動態)を改善する。
    最大尿流量率、残尿量、尿道内圧などの他覚所見を有意に改善し、排尿効率を高める13,14)。
    4.前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する開発時及び承認後4年間の調査(再審査終了時)において、2.53%(30/1,187例)に副作用又は臨床検査値異常が認められた15)。
    重大な副作用として失神・意識喪失(0.11%)、狭心症(頻度不明)の報告がある10)。また、その他の副作用につきましては、こちらをご覧ください。
    1) 社内資料:高血圧症に対する臨床効果 [L20040217224]
    2) 西澤 芳男:医学と薬学 7(7):1899, 1982 [L19970523041]
    3) 横山 淳一ほか:医学と薬学 15(4):1341, 1986 [L19970918045]
    4) 塩 宏:診断と治療 84(5):833, 1996 [L19980216026]
    5) 高畠 利一ほか:医学と薬学 9(3):873, 1983 [L19970522037]
    6) 国府 達郎ほか:循環器科 12(4):396, 1982 [L19970602015]
    7) 築山 久一郎ほか:臨床成人病 8(2):227,1978 [L19970530053]
    8) 新谷 冨士雄ほか:臨牀と研究 55(2):629, 1978 [L19970602003]
    9) 後藤 哲也ほか:臨床成人病 7(6):926, 1977 [L19970602007]
    10) 厚生省薬務局:医薬品副作用情報 94:17, 1989 [L19970602011]
    11) 社内資料:前立腺、尿道及び膀胱に対する作用 [L20040217227]
    12) 国沢 義隆ほか:日本泌尿器科学会雑誌 77(4):600, 1986 [L19970526022]
    13) 社内資料:排尿障害に対する臨床効果 [L20040217226]
    14) 山口 脩ほか:医学と薬学 19(2):411, 1988 [L19970523017]
    15) 厚生省薬務局:医薬品研究 26(1):37, 1995 [L19970602013]
[エクセルファイルをダウンロードします]

関連お役立ち情報

製品写真

ミニプレス 錠0.5mg
ミニプレス 錠0.5mg
ミニプレス 錠0.5mg
ミニプレス 錠1mg
ミニプレス 錠1mg
ミニプレス 錠1mg